チアーズヴォイス
お酒と旅のタブロイド紙「チアーズヴォイス」
その編集部で毎週行われる編集会議。
注目の特集記事の内容を、ちょっと覗いてしまいましょう。
日本各地・・・いや世界各地のお酒の話はもちろん、
その土地の食べ物や風景、時には季節のレジャー情報まで内容盛りだくさん!
きっと、素敵な話が聞けるはずですよ・・・







編集長・藤沢智子
編集部員・守屋周
TBC東北放送制作で、秋田放送、岩手放送、山形放送、ラジオ福島、新潟放送の6局ネットで
お送りしています。

支倉常長とスペイン
vol.266
発行日:2014年9月27日
放送時間
●TBC東北放送
●ABS秋田放送
●IBC岩手放送
●YBC山形放送
●rfcラジオ福島
●BSN新潟放送
 12:45〜13:00
 17:00〜17:15
 16:20〜16:35
 12:45〜13:00
 12:30〜12:45
 17:15〜17:30
5年半にわたってご愛顧いただいたこの「チアーズヴォイス」も今回が最終号。皆さんに支えられここまで続けてくることが出来ました。本当に有難うございます。
第266号となる今回のテーマは支倉常長とスペインです。仙台藩の侍・支倉常長は、伊達政宗の命を受け、仙台藩独自のヨーロッパ交易をめざし、当時スペイン領だったメキシコにむけ、帆船サンファン・バウティスタ号で、石巻の月浦を出発します。
時は1613年。そして、メキシコに着いた常長は、その後、大西洋を渡りスペインに辿り着きます。上陸した町では、盛大な歓迎を受けました。記録としては残っていませんが、スペインの伝統料理やワインに触れ、日本の料理しか知らなかった常長は大変驚いたのではないでしょうか。
しかし、スペイン国王やローマ教皇と謁見するも、交易を果たすという目的は達成できませんでした。
常長の旅はおよそ7年。結果はどうあれ、日本初のヨーロッパ外交を目指した日本人として400年後の今も語り継がれています。
UP↑

TOHOKU BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.許可なく転載を禁じます。