Mic Breakers オフィシャルサイト

  • トップページ
  • member
  • デビュー曲「約束をかわそう」
  • デビューへの道

  • TBCトップ


12月23日(火) 「大盛況!」
この日は、イオンモール名取エアリでトークショー&即売会イベントを開催!大勢のお客様が集まってくださいました!感謝、感謝!
(編集部)





12月20日(土) 「デビューイベント」
Zeppのステージの余韻にまだ浸りながら、みなさまへの感謝の言葉をまだ捜しているところです。
12月20日、私たちのバンドにとって初めての新曲お披露目ステージだったのですが、この忙しい年の瀬に大勢の・・・しかも社会的立場ならば十分の人のみなさんに多くお集まり頂いたことで、素晴らしいイベントになったことを何より感謝申し上げます。
“大人のためのクリスマス”を掲げ、いつも子供のために自分を後回しにする“大人のすべ”が身についてしまった我々大人世代が、自分たちの楽しみのためにクリスマスのひと時を過ごそうというのがZeppイベントの趣旨なのですが、みなさんが「約束をかわそう」を大声で大合唱してくれた様子をステージから拝見して、「このイベントをやって本当によかった」と心から思いました。
みなさんと一緒に過ごせたクリスマスのことは、ずっと忘れません。
そして我々の歌が、みなさんの日常の小さなマスコットになることを祈っています。
また時々、口ずさんでくださいね。本当にありがとうございました。
(マイク・ブレーカーズ 石川太郎)





12月17日(水) 「デビュー」
ついにこの日を迎えました。デビュー曲「約束をかわそう」の発売日です!
きょうは仙台市内のCD店で「新曲発売記念トークショー&CD即売会」が行われ、多くの方々にCDをお買い求めいただきました。ありがとうございます!
トークショー&CD即売会はこちらでも開催します。即売会でCDを購入するともれなくメンバー全員のサイン色紙をプレゼントします!
これはもう、買うしかない!
(編集部)





11月12日(水) 「PV撮影」
雲ひとつない青空の下、この日はプロモーションビデオの撮影が行われました。なんだかホントのアーティストみたい。どのようなPVに仕上がるのか、楽しみです!
(編集部)



11月6日(木)「ボーカル担当の独り言3」
ついに終わりました・・・・というか、終わってしまいました。
ボーカルのレコーディング!!
当日、 レコーディングの様子は、演奏の時見学していたので いよいよという感じ。もうここまで来たら、やれることをやるしかないでしょう!
半ば開き直ってスタジオに向かった私。
7時過ぎ、曲を作ってくださった坂本サトルさん到着!!
口から出てくる言葉は謝罪ばかり、だって本当に素敵な曲を作ってくれたのに、
そして、メンバーが本当に頑張っていい演奏してくれたのに・・・・・
でも、わかってます。やるしかないんですよね。

ついにたらこさんから、藤沢さん先に行きますと指名が!
ええい!行きましょう!!!!
覚悟を決めてスタジオに向かうと・・・・あれ?サトルさんが・・・・
そうなんです、ボーカルのレコーディング中スタジオに付き添ってくださることになったのです。

マイクの前でしゃべり始めて30年、マイクは慣れているはずなのに、 立っていると、あれ?なんかおなかに力が入らない!声が伸びない、出ない、ひっくり返る そこで、サトルさんから座ってみたら?と提案が。
昔は、サトルさんもそうしていたとか、声が安定するらしい。

再度椅子を持ち込み、座って歌う。
アー少し落ち着いてきた。

歌うごとに隣のサトルさんからは、もったいないおほめの言葉や、アドバイス。
本当にありがたかった。
とにかく、今ある力を総動員して今できることを精一杯やることに専念する。

かくして、スタジオ入りからおよそ2時間、どのフレーズを何回歌ったんだろう・・・・
たらこさんから、おつかれさーんの一言が。
そして、サトルさんと握手。
あとは、たらこさんにすべてを託すのみ・・・・です。

ここだけの話、出来はさておき、欲も得もなく思いっきり歌うって結構すっきりするかも。
自分をさらけ出して歌ったら、体が少し軽くなった感じ。
もっとぐったり疲れるかと思ったら、なんか気持ちよかった。
カラオケと違って返しがきれいだからかな?
これって何なんだろう????

名久井ちゃんのボーカル、合唱、男性パート、そしてサトルさんのはもりの順で次々レコーディング!
なんとなく形が見えてきたら、急にもう1回取り直したくなった。
それを、サトルさんに言ったら、プロでも最後に出来上がりを聞いていると そんな気持ちになるらしい。今ならもっとうまく歌えそうな気がする・・・・・
ところが、実際歌ってみると、やはり前に取ったものの方が勢いもあっていいのだとか・・・・
そういうものか・・・・・確かに、ナレーションも最初のほうが良かったりするもんなぁ。

とにかく終わった!私の大好きな曲「約束をかわそう」
皆さんはどんなふうに聞いてくれるんだろう?
上手じゃない分、思いはいっぱいつめて歌ったつもりです。
その思いと一緒に聞いてください。
 (ボーカル 藤沢智子)



11月6日(木) 「ついにこの日がやって来た!?」
運命のレコーディング日です。
先日の最終ボイストレーニングが終わったものの、まだサビの高音を地声で歌えない私…
しかも、曲を作って下さった坂本サトルさんご本人がいらっしゃるというプレッシャー…
決して明るいとは言えない表情で到着したスタジオには、すでにサトルさんがいらっしゃっていました!目深に被った黒い帽子の下から、優しい目で笑って下さったサトルさん。
ごめんなさい、私これから、この笑顔を険しい顔を変えてしまうかも。。。。
レコーディングは、もう一人のボーカル・藤沢さんからスタート。ドキドキしながら大先輩が歌う姿を見守らせていただきました。
「藤沢さん終了です。」つ、ついに名久井の番。喉を潤すためのお茶を片手に、サトルさんとスタジオに入りました。テレビで見たことのあるレコーディング用のマイクに、興奮と不安は高まるばかり。ええい、もうやるしかありません!!!
「僕が手で合図するから、それに合わせてね。」「カンペキ!いいねぇ。」優しくモチベーションが上がるようにサポートしてくださって、サトルさんに大大感謝です。苦手な大サビ部分を10回は録音し直したり、座ったり立ったりして声が出やすい姿勢を確認しながら一歩一歩レコーディングが進んでいきます。
そして待ちに待った「名久井さん、終了です。」の一言。
感動の瞬間は、なんだか実感が湧かず。後からじわじわと喜びが増してきました。やってのけたのです!さっきまで泣きたくて逃げたかった歌入れが完了したのです!藤沢さんと私の声がCDとして世に出る!!!
あっ、でもZEPPでのライブも大きな鬼門だった…あのう、あと数日は今の喜びに浸っていても良いですか?
 (ボーカル 名久井麻利)



11月4日(火) 「レコーディング」
マイクブレーカーズのCDデビューが現実味を帯びてきました(笑)
なんと、先日レコーディングをしたのです!!
「レコーディング」ってなんだか素敵な響きだと思いませんか?
「きょうレコーディングなんだ〜」てな感じで皆に言ってみたりして。
さあ、そんな憧れのレコーディングに臨んだマイクブレーカーズのメンバー。
ドラムとベース、ギターは一緒に録音し私は、1人、その音に乗せる形で録音しました。
失敗すれば、この先何時まででも時間がかかるという世界。
みな、力が入ってしまいます。
それでも、何とか良い仕上がりにできたようです!!
発売が楽しみ♪
 (ピアノ 川尻友紀子)





10月31日(金) 「ボイストレーニング」
恐怖の(!?)レコーディングまで残すところ1週間…
藤沢ANと私は、2度目の(きっと最後の)ボイストレーニングに向かいました。基本的なストレッチから教わるので、ジャージで来て下さいとの事。本当にストレッチで声が出やすくなるのか一抹の不安を抱えながら、教室に到着しました。
両足を広げて身体の脇を伸ばしたり、ヨガの“ハトのポーズ”で全身を柔らかくしたり…
「身体全体が楽器」という理論のもとに6つの動きを実践すると、血流が良くなった様に感じるから、あら不思議!!!とっても身体が硬いという藤沢さんは、ハトのポーズに苦戦。3人掛かりで足を持ち上げていらっしゃいました。その効果のほどは。。。。。
まあ!先週やっとのことで出た高いキーが、スルっと出せたではありませんか。先生も褒めて下さいました。
それでもまだまだ、課題は山積み。丸めたティッシュを口に挟んで、声を出しやすくする方法や、平井堅さんが多用するという歌い方などなどを学んでいきます。忘れないようにメモメモっと…
レコーディング前日の禁止事項として「お酒を飲んで騒ぐ」ことも挙げられました。特に二次会の「カラオケ」は厳禁だそうです。どうしても飲みたいときは、ワインや日本酒がお勧めとのこと。さ、参考にします。
果たして!無事にレコーディングを終えてお酒を片手に楽しめる日は来るのでしょうか? 自主トレがんばろうっ。。。。。。。。。。
 (ボーカル 名久井麻利)



10月26日(日) 「合唱団収録」
いよいよCD発売に向け、収録開始!この日は、合唱部分の収録が行われました。
会場のTBCホールには、一般参加の方・約70名とマイクブレイカーズのメンバーが集まり、収録に臨みました。皆さん、素敵な声の持ち主ばかりで、録音は順調に進みました。
ご参加頂いた「合唱団」の皆様、ご協力ありがとうございました。
 (編集部)





10月24日(金) 「ボーカル担当の独り言2」
レコーディングの期日が刻々と迫ってくる中、ボーカル担当の私たちは
せっぱつまった思いで、24日金曜日夜、デジタルアーツのスタジオに向かった。
今更ながら、ボイストレーニングを受けるために。

そこに待っていたのは、「ヨシヒデ」先生!(キャーイケメン!!! それもそのはず、先生は「定禅寺スクランブル」という新譜を発売したばかりの プロアーティストですもの)

さて、問題のボイトレは、いやぁ〜〜目から鱗が何枚落ちたか・・・・・・
同じ声を使うといっても違うんですよ!全然!
もっと早く教えてほしかった・・・ってか、間に合うのか?今からで・・・・
とにかく、やれるとこまでやらなくちゃ!というわけで、 寝転んだりうつぶせになったり、椅子に倒れこんだりと あの手この手で、ボーカリスト足るための発声法を教えてくださった ヨシヒデ先生!には、ただただ感謝!
でも、いま一つ体で覚えられないの・・・・・名久井ちゃん!頼んだぞ!!!
 (ボーカル 藤沢智子)





10月23日(木) 
ちわーっす、バンマスの石川です。
私はベース担当で、ドラムのロジャーさんとリズムを刻むという、 楽曲の一番大事な役どころなのですが、
一生懸命練習すればするほど問題点が浮かび上がり、少々へこんでいます。
刻んだリズムは正確無比であることが要求されるのはこちらも理解しているものの、演奏途中では曲のどこかで早くなってしまうところが出ているようで、音楽監督のタラコさんから「太郎さん、また走っていますよ」と指摘される始末。
しかも、そこは自分でも正確にリズムをキープできたと思っている箇所だけに悩ましい。「ダメ」と指摘されたことが理解できていないという、実に苦しい状況に陥っているベースでした。
 (ベース 石川太郎)



10月21日(火) 「ボーカル担当の独り言」
マイクブレーカーズの全体練習も3回目が終わった・・・
演奏は着々と形になっていく・・・・いい感じ!
ボーカルは・・・
もうキーが高いなどと言っている場合ではない。
歌わなきゃ歌うっきゃない!
毎日通勤の車の中でサトルさんの声に負けずに歌う・・・
でも、どうしても出ない!高いとこ・・・・とほほ
ついに金曜日、ボイストレーナーのレッスンを受けることに。
全体の指導をお願いしている「たらこ」さんに相方が聞いた。
「どうすれば高いほうの声出るようになるんでしょう???」
「あ〜4年くらいレッスンすると出るよ」
はぁ?????間に合わないじゃん

と、と、とにかく、レッスン受けてきます・・・・・・  (ボーカル 藤沢智子)





10月6日(月) 「始動」
CDデビューに向けて、初めての全体練習とCDジャケット撮影が行われた。新曲の譜面を当日渡されたメンバーも多く、完成形には程遠いものであった。果たして本当にCDデビューはできるのか!?  (編集部)