TBC EVENT SPECIAL
「二人三番叟」
にん三番叟さんばそう

 天下泰平・五穀豊穣を祈る能『翁』をもとにした『寿式三番叟』は、お祝いごとに際して上演されるおめでたい演目。本作は、その後半、二人の三番叟が、袖を振って舞い、力強く足踏みをする「揉(もみ)ノ段」と、鈴を手に種まきのしぐさをしながら四方をめぐる「鈴ノ段」とを独立させたものです。太夫、三味線、人形いずれもが躍動感にあふれ、足遣いが踏む足拍子やシャンシャンと鳴り響く鈴の音もリズミカルで心地よい、楽しい作品です。
摂州せっしゅう合邦辻がっぽうがつじ 〜合邦がっぽう住家すみかだん

 安永2年(1773)、大坂の北堀江市ノ側芝居で初演された、菅専助・若竹笛躬合作の二巻の時代物。継母の呪いにより病となって四天王寺(大阪市)に捨てられ、恋人の尽力で救われる『しんとく丸』、継母の恋を拒んで家を出、自ら命を捨てる『あいごの若』、これら説経で知られた物語を題材とし、お家乗っ取りの陰謀を絡めてあります。
 若くして老主君の後妻に迎えられた、もと腰元の玉手は、年の近い継子俊徳丸に恋し、突如として難病にかかった俊徳丸が家督相続を諦めて館を去るや、あとを追って家出。行方を探しあぐねて立ち寄った両親の家で、許婚の浅香姫とともに匿われていた俊徳丸を見つけると、恋心をあらわにして縋りつき、邪魔な姫に暴行。また、俊徳丸の病は、姫に愛想尽かしをさせようとして、玉手が毒を盛ったことも判明。
 曲がったことの大嫌いな父合邦は、非道な娘を許せず激怒し、涙ながらに刺し殺します。ところが、死を前に玉手が明かしたのは、思いも寄らない真実。恋も毒もすべては、継母として大切にすべき継子の命を救うため―。
 玉手が見せる邪な恋と嫉妬、合邦の怒りと悲しみ、心情の激しさに圧倒される人気演目です。


昼の部・配役表

EVENT SPECIALTOP
TBC HOME