Ⅱ パリ 人生の絶頂期

絵の道を志すことに決めたミュシャは、1887年パリへ出ます。挿絵の仕事で生計を立てる中、1892年に手がけた昔話集『おばあさんのお話』でその才能を発揮すると、瞬く間に人気の挿絵画家になります。そうした中で転機が訪れます。1894年のクリスマス、サラ・ベルナールの主演する舞台「ジスモンダ」のポスターを急遽制作することに。翌年1月1日、ポスターがパリの路上に貼り出されると大評判となり、ミュシャは一夜にして時代の寵児となります。こうして生まれた、象徴的な女性の優美な佇まいと独創的な模様を組み合わせたミュシャ様式は、アール・ヌーヴォーの中で重要な位置を占めることとなります。2章ではパリ時代の作品を紹介します。

〔左〕ポスター「ジスモンダ」/1894年
〔中〕ポスター「椿姫」/1896年
〔上左〕挿絵原画「勇敢な音楽家(クサヴィエ・マルミエ著『おばあさんのお話』)」/1892年
〔上右〕挿絵原画「蚊のお話(クサヴィエ・マルミエ著『おばあさんのお話』)」/1892年
〔下左〕ロベール・ドゥ・フレール著『トリポリの姫君イルゼ』の装丁/1897年
〔下右〕ロベール・ドゥ・フレール著『トリポリの姫君イルゼ』の挿絵/1897年

TOHOKU BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.許可なく転載を禁じます。