タイトル
出演者
  2017年4月にスタートしたこの番組も、シーズン3突入!
仙台フィルハーモニー管弦楽団の西本幸弘(ヴァイオリン/コンサートマスター)、三宅進(チェロ)、西沢澄博(オーボエ)の3人が4ヶ月毎にパーソナリティを務めます。
毎回、県内の中高生も出演しトークへ参加。様々な切り口からクラシック音楽の楽しみ方をナビゲートしています。 アシスタントは、大久保悠アナウンサーです。

 第34回 1月11日(土)放送分
編集長は仙台フィルチェロソロ首席三宅進さん。今シーズンは「チェリストミヤケのザックリ早わかり音楽史」として音楽の歴史にまつわる話をいろんな角度からご紹介しています。
2回目は「古典派」、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンの音楽を中心にお送りします。
中高生ゲストは、仙台城南高校吹奏楽部のお二人。部活の際、毎日行っているある儀式(?)をスタジオで披露してくれます。お楽しみに!

◆番組へのおたよりはこちら ⇒ enjoy@1260.jp
リンク
日立システムズ

TOHOKU BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.許可なく転載を禁じます。