出演者
出演者
 仙台フィルハーモニー管弦楽団の西本幸弘(ヴァイオリン/コンサートマスター)、三宅進(チェロ)、助川龍(コントラバス)、西沢澄博(オーボエ)の4人が3ヶ月毎にパーソナリティを務め、誰でも気軽に楽しくクラシック音楽に親しんでいただく30分。
毎回、県内の中高生も出演しトークへ参加。様々な切り口からクラシック音楽の楽しみ方をナビゲートします。
 第3回 6月10日(土)放送
三宅進(チェロ ソロ首席)による『チェリストの孤独』の第3回は、「オーケストラは大人の砂場だ!」をテーマに、チェリスト三宅ならではのオーケストラの楽しみ方を紹介します。オーケストラ楽曲の中でのチェロ大活躍のききどころの紹介や、三宅進のオーケストラとの出会い、共演してきたアーティストたちとの楽しい秘話や懐かしいエピソードなども交えてお届けします。
宮城第一高校管弦楽部の生徒たちも出演し、7月に行われる「ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル」との共演について伺います。

リンク
日立システムズ

TOHOKU BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.許可なく転載を禁じます。