戻る
【 7月の体操 】
 1 脇腹を伸ばす運動

7月1-1

イスに座って行います。背筋を伸ばします。


7月1-2

次に、右手を右の脇腹に置きます。


7月1-3

この時、右手は肋骨の一番下の辺りに置きます。
目安は、おへそとみぞおちの中間です。


7月1-4

その状態から、上半身を左に倒します。真横に倒します。
3秒伸ばしたら、元の位置に戻ります。
これを10回繰り返します。


7月1-5

左の脇腹も同じように伸ばしていきます。


※右手で右の脇腹を押さえて、その部分がしっかり伸びているか確認しながら行います。
※1回あたりの伸ばす時間は3秒程度にしてください。長く伸ばしすぎると「ぎっくり腰」になる可能性があります。
※立って行うより、座って行う方が脇腹を伸ばしやすいと思います。
※呼吸は止めずに行います。
※無理をせず、出来る範囲で行いましょう。


 2 腰を伸ばす運動

6月2-1

四つん這いの状態から・・・。


6月2-2

お尻を下げていき、正座するような体勢になります。
ねこが「伸び」をするような形です。


6月2-3

お尻を下げていくことで腰が丸まり、筋肉が伸びていきます。
この時、手の位置は体から「遠すぎず近すぎず」です。 無理なく腰の筋肉が伸びる「手の位置」を見つけてください。
伸ばす時間は10秒程度。これを数回繰り返します。


※手の位置が重要になります。
※呼吸は止めずに、ゆっくり行います。
※無理をせず、出来る範囲で行いましょう。
★脇腹や腰を伸ばすことで、姿勢をある程度整える効果が出てくるかと思います。


▼バックナンバーはこちら▼

TOHOKU BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.許可なく転載を禁じます。