戻る
【 1月の体操 】
 1 おなかのインナーマッスルを鍛える運動

1月1-1

まず仰向けに寝て、両ひざを立てます。


1月1-2

次に、骨盤の「出っ張り部分」の内側の筋肉を触ります。 実は、お腹まわりでは唯一、インナーマッスルが触れる部分です。


1月1-3

この状態から、息を吐きながらお腹を凹ませます。 写真では伝わらないと思いますが、松尾アナは必死にお腹を凹ませています。


1月1-4

出来る限りお腹を凹ませたら、息を止めて3秒キープ。 そして息を吸いながら元に戻します。


※息を吐きながらお腹を凹ませ、出来る限り凹ませたら息を止めて3秒キープ。そして息を吸いながら元に戻す・・・という動きを10回繰り返します。
※おへそを凹ますように意識して行います。
※お腹に置いた手で筋肉(インナーマッスル)に力が入っていることを確認しながら行いましょう。
※無理をせず、出来る範囲で行いましょう。


 2 股関節のインナーマッスルを鍛える運動

1月2-1
まず、うつ伏せに寝ます。

1月2-21 1月2-22
 次に、右ひざが直角にまがるように右足を上げます。

1月2-31 1月2-32
 この状態から、右足をワイパーのように左右に振ります。

1月2-4
このとき、両ひざが離れないように気をつけてください。 とくに、足を外側に振るときにひざが離れやすくなります。

1月2-51 1月2-52
 左足も同じように動かします。

※左右10回ずつ行います。
※呼吸は止めずに行ってください。
※両ひざが離れないように気をつけてください。
※足を外側に振るときは、足の前側(足の付け根、股関節周辺)の筋肉を使う、逆に内側に振るときはお尻の筋肉を使う(力を入れる)イメージで行います。太ももの筋肉に力が入ると、股関節のインナーマッスルが働かなくなります。太ももの力を抜いて、足の前側とお尻の筋肉に意識を置いて動かしましょう。
※無理をせず、出来る範囲で行いましょう。


▼バックナンバーはこちら▼

TOHOKU BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.許可なく転載を禁じます。