第27回仙台国際ハーフマラソン大会
【ネット局】青森テレビ ABS秋田放送 IBC岩手放送 テレビユー福島 テレビユー山形
 放送:午前10時00分〜11時24分






第27回仙台国際ハーフマラソン大会が今年も杜の都を舞台に開催。

今年は何といっても男子で世界陸上マラソン代表選手による激突が楽しみ。 8月ロンドンで開かれる世界陸上のマラソン代表枠は3人。このうちの2選手 川内優輝(埼玉県庁30歳)中本健太郎(安川電機34歳)が出場する。 川内選手は昨年12月の福岡国際マラソンで日本人最高の3位入賞、 テグ、モスクワそして今夏のロンドンと3度目の世界陸上代表に。 中本選手は今年の別府大分毎日マラソンで、自身通算14回目のマラソン 出場で初優勝を果たし代表に選出された。 ロンドン五輪やモスクワ世界陸上にも出場し国際経験は豊富。

最近の杜の都ハーフは、その年の夏に開かれる五輪や世界陸上代表選手による 最終調整の大会に位置づけられるようになった。

今回は2選手によるデットヒートが見られそう。 いや、そこに割って入って来そうなのが昨年の覇者今井正人選手(トヨタ自動車九州33歳) 「仙台は家族旅行で訪れた思い出のまちです」と 昨年しみじみと語っていた今井選手は福島県南相馬市出身。 そんな思いとは裏腹に昨年は圧巻の走りを見せた。元祖山の神の連覇なるか。

女子は岩出玲亜(ノーリツ22歳)。印象に残るのは2014年横浜国際マラソンで終盤までトップ争いを演じ 2時間27分21秒で3位入賞。10代マラソン新記録を打ち立てた。2020の東京五輪期待の星の走りに注目。

そして1万人が杜の都に駆け出す。みずみずしい若葉、新緑の息遣いを含んだ5月の涼風。青空。照り付ける太陽。絶えることなく続く沿道からの声援。杜の都最高の一日を映像ですみずみまで伝える。

解説・・・スポーツジャーナリスト 増田明美さん、富士通陸上競技部駅伝監督 高橋健一さん。 


オフィシャルWEBサイト 仙台国際ハーフマラソン オフィシャルWEBサイト




 

TOHOKU BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.許可なく転載を禁じます。