東日本大震災復興祈念 悠久の絆 奈良・東北のみほとけ展
展示御仏像

東日本大震災から13回忌となる2023年、
“鎮魂と祈り”のために、
奈良と東北の国宝、
重要文化財を含む寺宝が宮城の地に
一堂に会す展覧会を開催。
戦火や災害からの復興を願う仏像の姿を
伝えるとともに、
みほとけたちが発する
癒しの力を被災者に感じていただきます。

東日本大震災復興祈念
悠久の絆 奈良・東北のみほとけ展

■会期
2023年4月15日(土)~ 6月11日(日)
■会場
東北歴史博物館 (宮城県多賀城市高崎1丁目22-1)
■主催
「絆とうほく~復興への祈り~」実行委員会
(tbc東北放送、河北新報社、東北歴史博物館、多賀城市、TBSテレビ、MBSテレビ、IBC岩手放送、テレビユー福島、青森テレビ、テレビユー山形)
■総監修
有賀祥隆 
(東北大学名誉教授/東京藝術大学客員教授)
■監修
長岡龍作 
(東北大学大学院文学研究科・文学部教授)
■特別協力
法隆寺、西大寺、唐招提寺
■学術協力
奈良国立博物館
■企画制作
tbc東北放送
■展示概要
展示件数61件:うち国宝12件、重要文化財27件を予定

第1章 奈良の仏像と東北の仏像

①薬師如来と観音菩薩 ②四天王と須弥山の神々

第2章 日本仏教のいしずえを築いた人

①聖徳太子への思慕と法隆寺の美術 ②鑑真の来朝とその教え

第3章 叡尊・忍性の教えと美術

①清涼寺式釈迦如来像と文殊五尊 ②叡尊・忍性一菩薩としての祖師

第4章 心の復興へ一奈良仏教の教えと救済

①亡き人を悼む ②大仏造立 ③重源と南都復興

第5章 奈良仏教と被災者の営み

①被災者の営みを見つめる仏像 ②奈良仏教の教えと東北の未来(映像展示)

■お問い合わせ
東北放送事業部
TEL 022-714-1022 (月~金 11:00~16:00 ※祝日除く)