サンドのこれが東北魂だ「6号線を北上せよ!福島・宮城10年目のみちしるべ」サンドのこれが東北魂だ「6号線を北上せよ!福島・宮城10年目のみちしるべ」

【宮城県山元町】

今伝えることで未来に役立つ
震災遺構 中浜小学校

震災の伝承施設「震災遺構」として昨年9月に一般公開が始まった宮城県山元町の「旧中浜小学校」。

当時、校舎にいた児童や教師など90人が屋上に避難し、全員が無事救助された。当時校長だった井上剛さんは避難指定場所への移動は不可能と判断し、校舎屋上への避難を決断した。

90人もの命を守った校舎は、地域の人たちの心の拠り所となっている。

震災発生から10年、井上元校長が今伝えたいこととは。そして、元児童が身を寄せ合って一夜を明かしたあの日の思い出を語る。