【2017】くらしにまっすぐ!みやぎ生協 水曜篇
◆ 最新へ戻る ◆

(2017/12/27放送分) 

ぴよっちサブレのプルーンバターサンド

今週の料理
【作り方】
(8個分:ぴよっちサブレ2パック分)


(1) 室温に戻しクリーム状に練った無塩バター40gに湯煎で溶かしたホワイトチョコレート40gを加えてよく混ぜます。
(2) 粗く刻んだプルーン40gを(1)に加えてよく混ぜます。
(3) (2)を冷蔵庫に入れてお好みの固さまで冷やします。
(4) ぴよっちサブレ8枚に(3)を等分にのせ、もう1枚ではさみ、出来上がり♪

今週のおすすめ
「C.種ぬきプルーン」はカルフォルニア州の農場で乾燥されたプルーンを工場でふっくら戻し、種抜きしてパック後ボイル殺菌。熱と乾燥によるダメージを抑えて本来の美味しさを引き出しました。「C.ぴよっちサブレ」は‘お母さんの手づくりの味’を目指したかわいらしいひよこ形のサブレです。国産小麦100%使用、バターを6.9%と贅沢に使い風味よく焼き上げました。膨張剤や香料を使わずシンプルな配合で作っています。サクッ、ほろっ、の軽い口どけのぴよっちサブレにあっさりプルーンのバタークリームをサンドしました♪
(C.種ぬきプルーン、C.ぴよっちサブレ)




(2017/12/13放送分) 

ブラックタイガーと「くきがおいしい愛別まいたけ」のアヒージョ
〜「石窯で焼いたカイザーロール」添え〜

今週の料理
【作り方】

(1) 殻付きブラックタイガーは解凍し、殻と尾を外し半分に切ります。塩、こしょう少々をふり少しおきます。愛別まいたけは食べやすい大きさにほぐします。
(2) カイザーロールをオーブントースター(1200w)で約2分トーストし、トースターから取り出さず、そのまま約10分間余熱で温めます。
(3) オリーブオイル1カップににんにくのみじん切りと輪切りにした鷹の爪を入れ熱し、香りが立つまで弱火で加熱します。
(4) 塩小さじ1を(3)に入れまいたけを入れ蓋をして2分、さらにブラックタイガーを入れて2分えびが赤くなったらパセリなどのみじん切りをかけて出来上がり。スライスしたカイザーロールにのせて召し上がれ♪

今週のおすすめ
「C.殻つきブラックタイガー」はインドネシア産、池から工場まで鮮度にこだわって輸送、生から加工〜凍結しているのでえび本来のプリプリ感が味わえます。また、「くきがおいしい愛別まいたけ」は「くき」の美味しさにこだわった栽培の難しい品種のまいたけで歯ごたえと香りの強さが特長です。そして5つの切り込みを入れた「石窯で焼いたカイザーロール」はサクッと歯切れの良い冷凍ロールパンです。遠赤外線の効果で 皮はこんがり香ばしく、素材の風味をギュッと閉じ込めた冷凍パンです。3つの宅配の人気商品でアヒージョにしてみました。
(C.殻つきブラックタイガー、C.石窯で焼いたカイザーロール、くきがおいしい愛別まいたけ)




(2017/11/22放送分) 

「ふっくらしらす干し」入り十五穀コロコロオイルごはん(クリスマス Ver.)

今週の料理
【作り方】(3〜4人分)

(1) お米2合を洗い、おいしい雑穀十五穀を一袋いれて炊きます。
(2) ふっくらしらす干し小一袋は解凍します。(お子様向けには冷凍のままさっと湯がいても)スライチーズ4枚を星形の型抜きで型ぬき(約20個)します。
(3) ごはんが 炊けたら、オリーブオイル大さじ1としらす、ごま塩ををお好みでふり30〜40gずつ位、ラップにつつみひねってコロコロ状のごはんにします。星形のスライスチーズをのせて出来上がり♪

今週のおすすめ
「ふっくらしらす干し」は茨城県の沿岸で漁獲された原料の鮮度とふっくら食感を引き出す製法にこだわった冷凍タイプのしらす干しです。1袋25g入りの使い切り個食パックで食べたいときに食べたい分だけ解凍して使える共同購入の人気商品です。
「おいしい雑穀十五穀」は十五種類の穀物をミックス、ほんのり華やかな小豆色の個包装タイプの穀物ごはんの素です。
二つの食材を合わせお子様でもラップで簡単に作れるオイルごはんにしました。
(C.ふっくらしらす干し、C.おいしい雑穀十五穀)




(2017/11/8放送分) 

めぐみ野大沼牛のビーフストロガノフ

今週の料理
【作り方】(3〜4人分)

(1) めぐみ野大沼牛小間切り落とし280gは細切りにし、塩こしょうをふって、小麦粉大さじ2をまぶし、 サラダ油小さじ2を加えます。玉ねぎ2個は薄切りにします。
(2) バター大さじ3を熱して、牛肉をほぐしながら炒め、玉ねぎも加えて炒めます。
(3) 肉の色が変わったら、水2と1/2カップ、コンソメキューブ2個、ケチャップ1/2カップ、こしょう、ローリエ2枚を加え、15分煮て出来上がり♪(お好みで生クリームをかけても)

今週のおすすめ
北海道の広大な農地で、自家栽培された牧草とデントコーンを与えて育てた、甘みと柔らかな肉質の牛肉です。衛生的な畜舎と良質な地下水をたっぷり与え、健康的に育った牛です。食べさせる牧草やとうもろこし(粗飼料)の約90%が自家製です。配合飼料のうち飼料用米約5%を使用しています。牛の健康のため乳酸菌、ハーブを与えています。程よい脂肪分であっさりした味わいです。その美味しさを丸ごと洋風煮込みにしてみました。ごはん、パスタ、パン何にでも合います♪
(めぐみ野大沼牛小間切り落とし)




(2017/10/25放送分) 

めぐみ野豚バラとシャキシャキえのきのさっと煮

今週の料理
【作り方】(3〜4人分)

(1) 厚揚げ一枚は熱湯をかけ、一口大に、シャキシャキえのき(大袋)は石づきを落として半分に、めぐみ野豚バラうす切りを200gを2〜3pに切ります。
(2) フライパンにめぐみ野豚バラを並べ、厚揚げ、えのきをのせます。
(3) 酒大さじ2、砂糖大さじ1/2を入れて軽く火を入れ、豚肉に火が通ったら、しょうゆ大さじ1、3倍濃縮麺つゆ大さじ1を入れ、ふたをして全体になじんだら三つ葉を入れて出来上がり♪

今週のおすすめ
めぐみ野豚のお父さんは「赤豚種(しもふりレッド含む)」で「コクがあるのにあっさり」した豚肉です。与える餌を指定しています。生後3ヶ月以降、指定配合飼料には抗生物質や合成抗菌剤を添加していません。また、飼料用米が5%入っています。めぐみ野シャキシャキえのきは活力のある種菌と徹底した栽培管理によって通常より短い40〜45日間の栽培でえのきの軸を均等に太く揃えた栽培を実現したことで、より「シャキシャキ」とした食感を味わうことができます。厚揚げと共にさっと煮て、簡単で美味しいボリュームのある一品にしてみました。
(めぐみ野豚バラうす切り、めぐみ野シャキシャキえのき)




(2017/10/11放送分) 

さっぱり揚げたこ焼き

今週の料理
【作り方】

(1) たこ焼きを冷凍のまま、表面がカリッとするまで揚げます。
(2) 濃縮3倍の麺つゆを3〜4倍のお湯で薄め、かけつゆを作ります。
(3) (1)をお皿にならべ、 大根おろしを山なりに置き、万能ねぎを散らし、(2)の麺つゆをかけて出来上がり♪

今週のおすすめ
2種類のでん粉を使い中はとろり、外はカリッとした焼きたてのとろみ感を出している美味しい冷凍たこ焼きです。軟らかで旨みを残したタコを使用し、プリプリとした食感も楽しめます。味のベースは本格Wかつおだし、ソースなしでも美味しく召し上がって頂けます。キャベツ、ねぎを使用し野菜の甘みと旨みがあり、お子様にもやさしい味です。揚げても美味しく、大根おろしと麺つゆでさっぱり頂けるアレンジレシピにしました。
(CO・OPたこ焼き)




(2017/9/27放送分) 

ふっくらジューシー生ハンバーグで簡単ピーマンの肉詰め

今週の料理
【作り方】(2人分)
「ふっくらジューシー生ハンバーグ」2個使用


(1) ピーマン3個は縦半分に切ります。(種はとらずにそのまままで)
(2) 解凍した生ハンバーグの1/3個分を(1)のピーマン(6つ)にやや盛り上がる程度にたっぷり詰めます。(種をとらないことで、小麦粉をつけずともはがれない肉詰めが出来ます。)
(3) 熱したフライパンに油をひき、肉側を下にして焼き色をつけます。裏返しせず、醤油大さじ1/2、オイスターソース大さじ1/2、みりんと酒各大さじ1、水50CCを入れ蓋をして蒸し焼きに、最後に蓋を取り、たれを煮詰め出来上がり♪

今週のおすすめ
「CO・OPふっくらジューシー生ハンバーグ」は牛肉と豚肉のあいびき肉で作った未加熱タイプのハンバーグです。ソテーした玉ねぎの甘味と隠し味のしょうゆでお肉のうまみをひきたてました。冷凍なのに名前の通りふっくら、ジューシーに仕上がります。手作り感のある美味しいこの肉だねを使って、簡単にピーマンの肉詰めもできちゃいます。 是非お試しを♪
(CO・OPふっくらジューシー生ハンバーグ)




(2017/9/6放送分) 

平飼しあわせ卵の甘酒フレンチトースト

今週の料理
【作り方】

(1) 6枚切の食パン「グッディー」2枚を甘酒1缶(190g)に浸します。
(2) 平飼いしあわせ卵2個を別な器で溶き、(1)にからめます
(3) フライパンを熱し、バターを溶かし、(2)を両面軽く焦げ目がつくくらい焼いて出来上がり♪

今週のおすすめ
鶏が自由に運動ができ、より自然に近い形で飼育されている「めぐみの平飼しあわせ卵」は3名の生産者で作っている顔と暮らしが見える産直品です。指定配合飼料を使用、飼料中には3%の飼料用米を使用しています。
また「C.グッディー」はふんわり、しっとりとしたソフトな食感の食パンです。バターを贅沢に使用していることで濃厚な風味を感じられます。「C.グッディー」「平飼しあわせ卵」と甘酒風味とのコラボレーションで美味しいフレンチトーストにしてみました。是非お試しを♪
(C.グッディー、平飼しあわせ卵)




(2017/8/23放送分) 

焼きおにぎりでピザ

今週の料理
【作り方】

(1) CO・OP焼おにぎりをレンジで温めます。(500w:1個 1分10秒)
(2) (1)の上にうすくピザソースをぬり、ピザ用チーズ(とけるスライスチーズ)をのせます。ベーコンやスライス玉ねぎ、ピーマンなどをのせます。
(3) オーブントースターでチーズがとけるまで焼いて出来上がり♪

今週のおすすめ
「CO・OP焼おにぎり」は国産「あきたこまち」を使用した食べやすい小さめのサイズの冷凍焼おにぎりです。表面はしょうゆダレで香ばしく焼き上げ、中はかつおだしベースのあっさりした味つけ、蒸気でふっくら炊き上げてあります。食べたい分だけトレーごと電子レンジへ。お子さんから大人まで気軽につまめるサイズです。ピザ風アレンジでさらに美味しく、楽しんでください♪
(CO・OP焼おにぎり)




(2017/8/9放送分) 

プリプリえびのレモン風味サラダ麺

今週の料理
【作り方】

(1) 「CO・OPそのまま食べられるプリッとむきえび」は解凍します。お好きな野菜(オクラ、トマトなど)を食べやすい大きさに切り、お好みで錦糸卵も作ります。
(2) そうめんを表示通りゆでます。
(3) (2)の水切りしたそうめんの上に(1)をのせて、食べる時に「野菜たっぷり和風ドレッシングにレモン」をお好み量かけて出来上がり♪

今週のおすすめ
サラダ麺の具の「CO・OPそのまま食べられるプリッとむきえび」は柔らかく甘みのあるバナメイえびを産地で生から加工し凍結した「一回凍結商品」です。凍結・解凍を繰り返していないので、えびのプリプリとした食感やうま味がいきています。サラダ麺にかけるドレッシングは2018年2月までの限定発売の「野菜たっぷり和風ドレッシング」の姉妹品「野菜たっぷり和風ドレッシングにレモン」です。生しょうゆ、生たまねぎなどのうま味をいかした特長をそのままに、レモン果汁を加え、さわやかな風味がサラダ麺の美味しさを引き立てます。是非お試しを♪
(CO・OPそのまま食べられるプリッとむきえび、野菜たっぷり和風ドレッシングにレモン)




(2017/7/26放送分) 

骨取りさばのみぞれ煮でパスタ

今週の料理
【作り方】

(1) パスタ200gを表示通り茹で、「C.骨取りさばのみぞれ煮」2袋も湯煎します。
(2) パスタをゆでている間に、パスタのゆで汁180ccを取り、 3倍濃縮のめんつゆ大2杯でスープを作り、バター15gも溶かします。大根5〜6pはおろしておきます。
(3) パスタが茹で上がったら、皿に盛り、大根おろし、さばのみぞれ煮をほぐしたものをのせスープをかけ、上にしその千切りをのせ、出来上がり♪

今週のおすすめ
脂がのったノルウェーさばを骨取り加工し、大根おろしが入ったしょうゆベースのたれでみぞれ煮に仕上げました。湯煎するだけで手軽にさばのみぞれ煮を召し上がれます。面倒なひれや小骨までとった上、甘めの味付けにしていますので、お子さんからご年配の方にもおすすめです。
そのままはもちろんパスタの具材やご飯にのせて丼ものなど、骨がないからアレンジもききます。是非お試しを♪
(C.骨取りさばのみぞれ煮)




(2017/7/12放送分) 

めぐみ野トマトとナスの簡単チーズグラタン

今週の料理
【作り方】

(1) めぐみ野桃太郎トマトは7〜8mm位の輪切りにします。
(2) ナスは輪切りにし、オリーブオイルでしんなりする程度に炒めます。
(3) グラタン皿にトマトとナス重ね、なすの上からしょうゆをひと回しかけます
(4) (3)を2〜3回繰り返し、最後にとろけるチーズをかけ、オーブントースターで上に焦げ目がつく程度に焼き、パセリなどをあしらい出来上がり♪

今週のおすすめ
めぐみ野桃太郎トマトは、みやぎ生協の基準にそって、生産者と協力・交流しながら出来たトマトです。農薬使用を通常の半分に抑え、有機質肥料で育てています。樹で赤くしてから収穫、水やりも樹を見ながら必要なだけやるため味が濃いのが特長です。糖度も6以上を目標にしています。トマトの旨味はしいたけや昆布に含まれているうま味成分と同じグルタミン酸です。お料理にもいろいろ使えます♪
(めぐみ野桃太郎トマト)




(2017/6/21放送分) 

えびピラフとレモンでトマトリゾット

今週の料理
【作り方】

(1) CO・OPえびピラフ1/2袋とトマトジュース小1缶(190g)を耐熱容器に入れて混ぜ合わせ平らにします。
(2) (1)の上にレモンの薄切り2〜3枚をのせてラップをします。
(3) 電子レンジに5分かけ、中心まで温まれば出来上がり♪((パセリやバジル、お好みでタバスコをかけても)

今週のおすすめ
「CO・OPえびピラフ」は彩のよい6種の具材が入った冷凍ピラフです。
国産米を使用し、米を炒めてからスープと一緒にじっくり炊き上げるピラフ本来の製法で作っています。プリッとした食感のえびをはじめ、4種の野菜とマッシュルーム入り。あさりエキスとバターのうま味など味わい深く飽きのこない美味しさです。
トマトジュースとレモンで簡単にさっぱりリゾットが出来ます。
是非お試しを♪
(CO・OPえびピラフ)




(2017/6/14放送分) 

めぐみ野三陸産湯通し塩蔵わかめの中華風炒め物

今週の料理
【作り方】

(1) わかめ20〜30gを水で2〜3分戻し、水気を切り食べやすい大きさに切ります。
(2) 長ねぎ1/2本をみじん切にします。
(3) フライパンにごま油大さじ1杯を熱し、(2)のねぎをしなっとなるまで炒めます。
(4) (3)にわかめを入れサッと炒め、お醤油をひと回しかけ出来上がり♪(お好みで糸唐辛子を上にのせても♪)

今週のおすすめ
岩手県大船渡町で養殖された肉厚で歯ごたえが良いわかめです。一番刈りのみを使用し、元葉、切り葉を除いています。しっかり脱水し、塩分濃度約28%で管理され、水分や塩による増量のないわかめです。
わかめはミネラル、カルシウム、ヨード、鉄分、ビタミン、たんぱく質等を多く含んだアルカリ食品です。ねぎの甘みとごま油風味の美味しい炒め物にしました♪
(めぐみ野三陸産湯通し塩蔵わかめ)




(2017/5/31放送分) 

お手軽めぐみ野うなぎ寿司

今週の料理
【作り方】(4〜5人分)

(1) お米2合を固めに炊き、お好み量のすし酢を入れしゃもじでご飯を切るように混ぜ、うちわであおいで粗熱を取り寿司飯を作ります。
(2) 「静岡県産めぐみ野うなぎ蒲焼」は冷凍の袋のまま湯煎し温めます。
(3) (2)を1cm角に切り、寿司飯にさっくりと混ぜ、上に甘酢しょうがとしその千切りをちらして出来上がり♪

今週のおすすめ
元気で美味しいうなぎを育てるには、水温の管理が大切です。「静岡県産めぐみ野うなぎ蒲焼」の養殖池は富士山系のきれいな地下水を使い、抗生物質に頼らず餌の量と水温のコントールをしっかりと行っています。活きたまま割き、じっくりと焼き上げる職人技で美味しさも逃していません。焼きだれも余分な添加物を使っていません。共同購入では、7月の土用の丑の日前のこの時期に予約企画でお安くご提供しています。冷凍なのでストックも出来て便利です。ちらし寿司風でも美味しく頂けます♪
(静岡県産めぐみ野うなぎ蒲焼)




(2017/5/17放送分) 

チーズがとろ〜り緑黄色野菜のとうふハンバーグ ダブルトマトソースかけ

今週の料理
【作り方】

(1) トマト中一個のヘタを取り、1cmの角切りにします。
(2) (1)をボウルなどに入れ、トマトケチャップ大さじ1、ウースターソース小さじ1と混ぜ合わせます。
(3) 凍ったままお皿にとうふハンバーグを2個並べ、(2)のソースをまんべんなくのせ、ラップをふんわりかけて、レンジで4分加熱して出来上がり♪

今週のおすすめ
チーズソースを包んだ緑黄色野菜入りの豆腐ハンバーグです。全体の 1/4配合されている野菜のうち、半分以上がかぼちゃなどの緑黄色野菜です。ふっくら食感のハンバーグをカットすると中に入ったチーズソースがとろ〜りとけてハンバーグ生地とおいしく絡みます。生トマトとトマトチャップのダブルソースのひと手間で さらに美味しく♪
(C.チーズがとろ〜り緑黄色野菜のとうふハンバーグ)




(2017/4/26放送分) 

めぐみ野大沼牛の温玉のせすき焼き風ごはん

今週の料理
【作り方】

(1) お米3合を洗い、普通の水加減にします。
(2) 炊飯器に入れた(1)に、「すき焼き風炊き込みご飯の素」1瓶と大沼牛80gを細切りにし入れます。
(3) 全体にまぜ、炊いてほぐして、盛り付けたらお好みで温玉をのせて出来上がり♪

今週のおすすめ
「CO・OPすき焼き風炊き込みご飯の素」は国産のごぼうとにんじんを使用したすき焼き風飯の素です。ビン詰ならではの具材のシャキシャキ食感が生きています。 具材には糸こんにゃく、舞茸、油揚げ、ごまも使用し具だくさんな飯の素です。美味しいめぐみ野大沼牛を少し入れて炊飯、温玉をのせたらおかずいらずの贅沢ご飯の出来上がりです。是非お試しを♪
(C.すき焼き風炊き込みご飯の素、めぐみ野大沼牛小間切り落とし)




(2017/4/12放送分) 

「くりゆたか」でパンプキンクリームサンド

今週の料理
【作り方】

(1) くりゆたか1/4個の種とわたをとり、ラップをして皮を押してやわらかくなるまでレンジにかけます。皮の部分はとりのぞき残りをマッシュします。(皮の部分もマヨネーズなどで和えて、サラダなどで美味しく頂くことができます。)
(2) レーズンをぬるま湯で軽くもどし、クリームチーズ100gもレンジに10〜20秒位かけやわらかくします。
(3) (1)と(2)を合わせ、味を見て好みできび砂糖などで味を整えて出来上がり♪

今週のおすすめ
園地・生産者を指定し、農薬を節減して育てたニュージーランド産のかぼちゃ「くりゆたか」はほくほくとして甘みのあるかぼちゃです。その甘みを活かしてクリームチーズ、レーズンミックスと和えました。バター風味豊かでしっとりソフトな食感が特徴のグッディーバターロールに挟んで朝食やおやつに。
このクリームは冷凍保存も出来ます。かぼちゃにはビタミンA、C、Eがたっぷりです。是非お試しください。
(C.レーズンミックス、「くりゆたか」、C.グッディーバターロール)




(2017/3/15放送分) 

豚味噌ステーキと新玉ねぎの重ね焼き

今週の料理
【作り方】(3〜4人分)

(1) 豚味噌ステーキは自然解凍します。
(2) 新玉ねぎ、えのき、パプリカなどの野菜を薄切りか食べやすい大きさに切ります。
(3) (1)と(2)を今後にずらして耐熱容器に入れ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼き、最後にパセリなど青みの野菜をちらし出来上がり♪

今週のおすすめ
国産豚のやわらかなかた肉・もも肉を使った、味噌漬けのステーキです。豚肉に合うよう、こがね吟醸味噌とあま味噌をブレンドした香ばしい味わいが自慢。味噌を均一に、一枚一枚ていねいに手塗りで仕上げました。真空パッケージなのでお肉が味噌にしっかりと漬かり、やわらかな食感に仕上がっています。旬の新玉ねぎや野菜と重ね、オーブントースターで焼いて、しかも味付けいらずの美味しさです♪
(C.豚味噌ステーキ9枚入り)




(2017/3/8放送分) 

乾物を使って袋でサラダ(防災食レシピ)

今週の料理
【作り方】(4〜5人分)

(1)切干大根、乾燥ごぼうを合わせ50gをポリ袋の中に入れ150ccの水を入れ20分位でもどします。
(2) 袋の上から水を絞り、捨てます。
(3) (2)の中に胡麻ドレッシングとマヨネーズを各大さじ2、醤油少々を入れ、袋の上からもんで混ぜて出来上がり♪

今週のおすすめ
C.切干大根人参ミックスは宮崎県産の青首大根とにんじんを使った彩りも良い乾物です。宮崎の長い日照時間と寒風のもと天日乾燥させ大根とにんじんのうま味が凝縮されています。C.国産乾燥ごぼうも一緒に使ってポリ袋の中でサラダに変身させちゃう防災食にもなるレシピです。火も使わず、調理器具も使わず、洗いものもなしで作れます。 これからあたたかくなったらアウトドア料理でも♪
(C.切干大根人参ミックス、C.国産乾燥ごぼう、C.深煎り胡麻ドレッシング)




(2017/2/8放送分) 

ピり辛ツナ缶とキャベツの簡単レンジ蒸し

今週の料理
【作り方】

(1)キャベツ1/4個は食べやすい大きさに切ります。
(2) (1)を深めの耐熱容器に入れ、ピリ辛ツナ缶一缶とC昆布つゆ(3倍濃縮)大さじ1杯を入れ軽く混ぜます。
(3) (2)にラップをし、5分レンジで蒸し、出来上がり♪

今週のおすすめ
大き目フレークで具材感のあるツナ缶です。輪切りの唐辛子が入っていて、その香りや成分がツナに浸透して深みを出したり、アクセントになっています。旨味があるのでそのままおつまみとして、パスタやサラダなどアレンジが多彩です。
古今東北「しっとりびんちょうピり辛ツナ缶」と同じミヤカン気仙沼工場で作っています。震災で気仙沼の工場が被災し、静岡工場に移転していましたが、2015年6月にミヤカン気仙沼工場が再開しました。
(ミヤカンピリ辛ツナ)




(2017/1/11放送分) 

かんたん!!白和え風

今週の料理
【作り方】

(1)「めぐみ野宮城県産大豆もめん(もしくはきぬ)」1パックは、水切りをします。(急ぐ場合はキッチンペーパー2〜3枚で包み、1分半位加熱します)
(2) (1)をつぶし、「CO・OP深煎り胡麻ドレッシング」を大さじ4杯、大豆ドライ パック、ひじきドライパック、ゆでた絹さやの細切りと共に和えて出来上がり♪

今週のおすすめ
「めぐみ野宮城県産大豆もめん、きぬ」は粒が大きく、タンパク質の含有量が高めで、糖分のバランスが良い「JAあさひな」大郷地区で生産している「ミヤギシロメ」を使用しています。大豆の香り豊かで旨味があります。その美味しさを「CO・OP深煎り胡麻ドレッシング」で白和え風にしてみました。深煎り、すり立てならではの胡麻ドレの濃厚さがマッチした和え物です。
(めぐみ野宮城県産大豆もめん、きぬ、CO・OP深煎り胡麻ドレッシング)


▲ 上へ ▲